ホーム > 堅木張りの床は維持しやすいですか?

堅木張りの床は維持しやすいですか?

編集:デニー 2019-12-05 モバイル

  今日、多くの家族が木製の床を装飾に使用していますが、木製の床を維持する方法は常に頭痛の種です。エディターの説明に従っていきましょう。

  

  まず、木製の床を使用するプロセスでは、部屋に砂の粒子を持ち込まないようにすることが最善です。流砂の原因となる汚れの多い砂を持ち込むことはお勧めできません。したがって、部屋に持ち込まれた砂は時間内に除去する必要があります。一般に、掃除機を装備する必要はなく、湿気によるゆがみやカビの心配はありません。

  2. 3年または5年の使用後、個々の部品に摩耗がある場合は、それを局所的に補うことができます。つまり、部品にコーティングを再適用します。方法は簡単です。次に、乾いた柔らかい布で軽く拭き、コーティングを再適用するか、パーツにポリエステルフィルムを適用します。

  3.塗装面のある無垢材の床の場合、6か月ごとにフロアワックスを塗布できます。表面に耐摩耗性樹脂を使用したコルク床材は、ラミネート床材と同様に手入れが簡単です。熱による損傷を防ぎます。表面のペイントフィルムを傷つけないように、お湯カップなどの熱いものを直接床に置かないでください。同時に、床に直射日光が長時間かからないようにして、長期にわたる強い紫外線の照射後の塗膜の早すぎる乾燥やひび割れを防ぎます。

  第4に、家具は床に設置してから24時間後にしか床に置くことができず、24時間以内に人の動きを最小限に抑える必要があります。家から離れているときは、窓やドア、特に蛇口を閉じて、雨や水滴が木製の床に浸らないようにしてください。

  5.木製の床を維持するときは、除染パウダーで洗ったり、磨いたり、掃除したりしないでください。通常、絞ったモップまたは布でモップするだけです。特別なクリーナーを使用して、掃除が難しい部分を取り除きます。木製の床に強い衝撃を与えないでください家具を移動するときは、持ち上げることが有益です。

堅木張りの床は維持しやすいですか? 関連コンテンツ
表層について (1)厚さの違い 3層ソリッドウッド複合材の表面層は少なくとも3ミリメートルの厚さで、多層は基本的に0.6〜1.5ミリメートルの厚さで、3層の表面層は多層の床表面層の5倍まで可能です。...
1.木製の床を購入して設置した後、長期間の使用中は毎日のメンテナンスが最も重要であり、床の耐用年数に直接影響します。ラミネートフローリングには、耐摩耗性、耐腐食性、耐圧縮性、耐衝撃性、簡単な清掃、手...
換気を維持する 屋内の換気を定期的に維持すると、屋内と屋外で湿った空気を交換できます。特に、誰も長期間生活していない人の場合、室内換気がより重要です。 一般的には、窓や部屋のドアを開いて空気の対流を...
プラスチックの床には、経済的で、カラフルで、抗菌性で、滑り止めがあり、吸音性があり、快適であるという利点があります。 1.地面のあらゆる種類の汚れを時間をかけて除去し、脱脂し、水ベースの脱脂剤液をタ...
コルクフローリング: コルクは、中国のオーク、つまりコルクオークとして一般に知られる樹皮の保護層です。コルクの厚さは通常4.5 mmで、高品質のコルクは8.9 mmに達することがあります。無垢フロー...